クマゼミには負けへんぞー

クライミングライフ中心の日記

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全開

頬を撫でる風が心地よく感じられる季節となりましたが、最近そんな心地よい風を股間に感じることが増えてまいりました。
はたと気が付くとズボンのチャックがパッカーいらっしゃいと全開状態が週に何回も。
私服の時もクライミングパンツを履いてる時も、それこそ週に数回はそのような状態になっている時があり、もしかしてこの恥ずかしく破廉恥な姿でお客さんに対応してたのかー!と顔面蒼白。
「えー、これはホールドと呼んでおりまして~」パッカー
「両手で持ってからスタートし~」パッカー
「最後の終了点も両手で~」パッカー
生きる意味の真理を説いている宗教家や、超絶難解な宇宙の法則の講義をする大学教授や、突然飛び込んできた悲報を伝えるニュースキャスターであっても、ズボンのチャックが全開であれば説得力も半減どころか、皆無に等しくなってしまいます。
あんた偉そうなこと言うてますけど、開いたらあかんとこ開いてまっせ。
もう気になって気になって、なにを喋られても頭には何も入ってこず、ひたすら気付けよー!って心の中で叫びながらドライアイになるくらい目で訴えるしか術はないと。
そういえば最近ビジターの女性客がやたらと俺の事を見てくるなと思ったらそういうことかー!
もう40半ばのおっさんやけど、絵に描いたようなナイスミドルの俺はまだまだこれから人生における第3モテモテ期やなと有頂天になっていた自分が恥ずかしいー。
まだ口元にご飯粒付けてるほうがましー。
しかたがないので数分おきに股間をまさぐって、問題がないかの確認作業を当分の間は続けていこうかと思います。
ただ確認作業をした際に実際全開状態で、なおかつその瞬間を女性に見られたら、それこそ言い訳できないかもしれません。
というわけでカウンターの中でこっそりと・・・。
そのカウンターの中でのこっそり中に見つかったら、それこそ破廉恥ジムのそしりを免れないこととなりそう!
ちゃうねん!ちゃうねん!これはただのルーチンワークで・・・!
「ホールド回りました」
あ。ごめん。すぐ行きます。
スポンサーサイト

風邪の悩み

押すな押すなのGWも終わり、街も山も新緑が眩しい季節となりました。
さてワタクシは相変わらず岩に行ったり、行かなかったり、行ったふりをしたりとだーらだーらな生活を続けておりますが、この春は珍しく風邪をひいてしまい、それが未だに長引いておりまして、今日もカウンターの中で鼻汁をずびーと間欠泉のように噴出しながら営業いたしております。
元来風邪とはほとんど無縁の生活をしておったのですが、3月末に高熱が出、すぐさま落ち着いたものの、2ヶ月ほど咳が止まらず、またその咳が痛めておる腰や脇腹を電流爆破の如く刺激するので、お姫様のように眠りにつくこともままならならず、非常に苦しかったのですが、ようやく影を潜めました。
やれやれと思ったのも束の間、次は前述のような無尽蔵な鼻水に悩ませれているという今日この頃であります。
いっそのこと鼻からチューブでも差し込んで吸引してやろうかと思うのですが、その場合はやはり掃除機で吸うのがいいのでしょうかね?
身近なもので手っ取り早くとなると掃除機だろうと思うのですが、地下鉄に乗っての通勤の際に、万が一チューブと掃除機が破断したりすると周りの人にえらい迷惑になるのではなかろうか。
ぶしゃーと飛散する鼻汁。
逃げまどう人々。
阿鼻叫喚の地下鉄堺筋線。
ひたすら「すいません。すいません。ごめんなさい」と頭を下げたところで、鼻からチューブがだらりとぶら下がっておれば、本気の謝罪も受け手からしたら、あまり真剣味が感じられないと捉われてしまいそうです。
ならいっそのこと掃除機に「触るな危険!」とか大きく「鼻汁!」とでも記載すれば、周りに人が寄りつかないのではなかろうか?
ただ通常であっても電車で座ってて横に誰も座ってこないだけで「あれ?俺嫌われてる?もしかして臭う?」なんて不安になる寂しがりなもので、いくら鼻水を抱えてるからといえ、自分の半径数メートルがぽっかり空いていると、悲しくなってツブラナ瞳から涙がとめどなく・・・。
そうなると鼻汁は吸引して涙は放置というのも、なにやらバランスが悪いのではないかい?
しかしながら目にチューブは痛そうだな。
いやこれは痛い。
紛うことなく痛い!
激烈痛い!
それならもうチューブを諦めてバケツ持参するか?
これなら大概のものに対応できるスグレモノ。
いやいや!それやったらもうティッシュでええがな!
もはや当初の目的が見失ってしまいました。
近いうちに内科に行って、鼻汁を抑制する薬でもいただこうかと思います。
みなさんも風邪にはご注意くだされ。

桜の散る頃

あれ?店長、4月のマンスリーはないんですか?
「・・・」
北花田店は今月も30本ありますよね?長堀はないんですか?
「・・・」
なんか長堀の扱いが雑じゃないすか?
「・・・」
格差社会じゃないですかー。
「マンスリー課題やからっちゅうて、毎月あるとは限らんのじゃー!言葉に惑わされてんじゃねー!」
マンスリーですよね?

というわけで桜も儚く散りはじめ、待ち焦がれた春は早くも次のステージに移り変わろうとしている大阪でありますが、わたくし3月末から風邪をひいてしまいまして、マンスリーを作ることも開き直って放置し、また桜を楽しむことも相成らんという日々でありました。
そしてクライミングとしましては、これから段々と「のわー!ぬめるわー!」「なんじゃこりゃー!持てへんがなー!」と不向きな気候になりつつありますが、風邪が治まりつつあるので週末は岩に出かけようか企てるものの、しっかり雨が降って中止。
なんかこのところ運気がマイナス、マイナスに転がるようであります。

願わくば新緑の頃には、汚れのない心と体とともに、うひょうひょと岩と戯れたいなと、キレの失われた爪を研いでおきませう。

あ。
来月はマンスリー課題作ります。
マンスリーですからね。

腰痛問答

気が付けば30歳なんですよ。
気が付けば40歳なんですよ。
気が付けば45歳なんですよ。
ということを繰り返し続けてもうええおっさんです。
そして今年も気が付けば2月なんですよ。

身体ですか?
ええ、ええ。
相変わらず腰とわき腹の痛みが続いておりまして、このままだと人類が滅んでもこの腰痛だけは残るんじゃないかと思ってる次第なんです。
そんなことはない?
そうですよね。わかってます。わかってます。
そんなことはないとわかってるんですけど、だったら人類が滅んでもいいから腰痛から解放してほしいなんて思ったりしてしまうんです。
いけませんか?
そうですよね。いけませんよね。
自分の腰で他人に迷惑かけたらダメですよね。
でもね。でもですよ。
腰痛から解放される術が目の前にあれば、後先考えず飛びついたりするってもんが人情じゃないですか。
ちがいますか?ちがう?
え。ちがうの?
人情云々ではなく・・・?
ふむふむ。
ようするに仮に人類が滅んでも腰痛からは解放されない・・・とあなたおっしゃりたいのですね。
試したんですか?
え。試してない。
ならなんで解放されないと断言できるのですか?
僕の腰と人類の栄枯に因果関係がまったくないなんて、はっきりと証明断言できる人なんていないでしょ?
え。いる?
いるの?そうなの?
じゃあ、なにが僕の腰痛とリンクしてるの?
潮汐力?
直下型地震?
異常気象?
酸性雨?
えるにーにょ?
えるにーにょか!
えるにーにょやなー!
えるにーにょー!

気が付けば腰を痛めてから2年・・・。
治らねー。

2015年来る

あ。
年が明けてしもた。
12月は寒波やら体調不良やらで、ことごとく岩の予定が飛んでしまい、結局2014年はしょぼしょぼのまま去って行ってしまいました。
ついでに年末にはさらにひとつ歳を重ねてしまいました。
40代も半ばとなると、年齢を重ねて行くことに、マイナスな思考しか働かないものの、重ねた歳がひとつでよかったとしましょう。
今年はお前さん、しょぼかったから年齢はプラス2な。
にょーん!
神様!ご無体な―!
なんてことにならずに済んでよかったよ。

さて2015年。
新たな年。
春先まではリードに専念。
その後は時々ボル。
秋はまた夏に考えます。
腰は相変わらず、ゆるゆるですが、クライマーであることを放棄するつもりはありませんよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。