FC2ブログ

クマゼミには負けへんぞー

クライミングライフ中心の日記

12月« 2011年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月

国境警備兵

二足歩行状態のコディアックヒグマを縦に積み上げたほどのハイボル課題で、今まさにマントルを返して立ち上がろうと思ったら、なぜか目の前に銃を構えた兵士が2人立っていた。
「なんびと足りとも国境を超えることまかりならん!」
国境?なんだそりゃ?
「来るな!一歩でも前に動くと容赦なく撃つ!さがれ!」
いやいや。さがれって言われてもこんな高さから落ちたら危ないって!
「さがれ!」
ちょっとー!銃口をこっちに向けないでよー!
「撃つぞ」
えー!まじでー!はいはい。降りますよ。飛び降りますよ。飛び降りりゃいんでしょ!
「早くしろ!」
簡単に言うなよー!怖ええんだよー!えーい!ままよー!
にょーん!
高いー!
マットー!

最近よく夢を見ます。
「おっちゃんの将来の夢はな~、宇宙飛行士やねん。まだ諦めてへんから、誰にも言うたらあかんでぇ」
そっちの夢ではなく、睡眠中に体感するほうの夢です。
数年前わたくしが国籍不明の謎の覆面営業マンだったころは夢なんぞ見ることがほとんどありませんでした。
当時からは自らを取り巻く環境も大きく変化していますが、夢を見る機会が増えるというのはいかなる心境もしくは外的要因によるものなのでしょう?
せめて夢の中ででは上記のようなへんてこなモノでなく、あんなことやこんなこと、幸せてんこ盛りな体験をしたいものです。

あー、それはそれで目覚めた時に切ないなー。



スポンサーサイト