クマゼミには負けへんぞー

クライミングライフ中心の日記

04月« 2011年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弊害克服

週に3回、それを数年という恒常的なペースでクライミングをしてますと、日々の生活にも支障が出るような弊害が身体の至るところに湧いてまいります。
指が曲がったままなのでジーンズのポケットに手を入れることができないとか、指皮がざらざらしてストッキングを触る時には細心の注意がいるとか、肘が痛くて顔を洗うのすら躊躇われるとか・・・。

先日の日曜日、閉店後にジムの近所の平日も22時閉店と意外と使えない困ったKOHYOに、半額の商品目当てで立ち寄り、「コロッケしかねーのかよー」とぶつぶつ文句を言いながらも、結局はそれを小脇に抱えてレジに並んでしまったのですが、会計後レジ袋に商品を入れようとすると、指先が踵の如く、かっさかさでなっかなかレジ袋を広げることができません。

だー!
いらいらするー。
しかたがない、指先を舐めるか・・・。
いやいやいや。
ダメダメダメダメ。
それをするようになったら初老だろー。
我慢だ。我慢だ。

もう一度レジ袋を広げようとチャレンジするものの・・・。
だー。
できねー!
指舐めてー!
今俺は猛烈に指を舐めたいー!

おうおうー!
登ってたらあんなにヌメってくんのに、こんな時はかっさかさかよー!
使えねー指だなー。
こんな時は長いルートを登ってる時のムーブを思いだして・・・、うーん、「林京」でもシミレーションしてみるかな。
3ピン目クリップして、右のヒールフックから右手ぎざぎざを保持して、足を移動させて、外形カチをデッド気味に保持して、右をまたデッドして、ハイステップからまたデッドー!
あーちょっと指がヌメってきましたね。
これでレジ袋も広げられるわい♪

恒常的にクライミングをしてますと、日々の生活にも支障が出るような弊害が身体の至るところに湧いてまいります。
ほどほどにしましょう。



スポンサーサイト

雨の東京優駿

明日はダービーじゃー!
うひょー!
テンション上がりまくりー!

なーんてことは最近なくなりましたが、それでもファンファーレが鳴り響けば、心はわくわく高揚してきます。
ひさしぶりに朝から場外に行って馬券でも買うかな?
阪急沿線に住んでいた頃は朝からどっぷり梅田の場外に入り浸り。
埼玉に住んでた頃は後楽園の場外に入り浸り。
その頃はワイドや三連単等なんて当然なくて、なんなら馬連すらありゃしない。
あるのは単勝、複勝、枠連のみで、人気が集中する馬には単枠指定なんて制度もあったなあ。
馬券購入も窓口でおばちゃんに口頭で伝えるので、たまに言い間違いか聞き違いがあって、その都度ひやひやしたものです。

3歳のおこちゃま達の晴れ舞台ですので、できれば晴天良馬場が相応しいかと思いますが、雨なら雨で不良馬場なら不良馬場で、それはそれとしてファンの記憶には残るダービーになると思いますので、とにかく全馬無事にゴール板を駆け抜けてもらいたいものです。




あー。
またクライミングとなんら関係のないことを書いてしまった・・・。



おばちゃーん、阪神のここのつ 6-7 200えーん。

リソール急募

近々VACさんにリソールの靴を発送します。
現在2足預かっており、今なら若干お安くなりますので、リソール検討中の方はお早めにどうぞー。

さて・・・
今度は指と腰がやばい。
本当にお願いだから違和感のない身体になっておくれ。



復活なるか

まだまだ確定ではありませんが、6月にもしかしたら久しぶりにリードに行くかもしれません。
「南船場のへんちんポコイダー」清P-といつものように凡人には到底ついてこれない高尚な話をしていましたら、流れでリード行くべーとなった次第です。
その時はノリで言ってしまった感が強かったのですが、一晩過ぎると急に気持ちがむくむくと湧いてきて、ジムのカウンターの中で無駄にハーネスを履いてみたりしています。
やはりルートクライマーにはハーネスが似合うぜ!
なんならこのまま地下鉄に乗ってやろうかな?
目の前に座った女の子の、憧憬を含んだ強烈な好意の眼差しが目に浮かんできます。
惚れるなよー。お嬢さん。

リードはいつ以来かな?と、うっすーい記憶を遡ってみることに。
ぐびぐび。げぼぉぉぉぉぉぉぉー!
コーラ飲み過ぎてゲロ吐いたー!
あー。遡りすぎて小学生の頃のまったく関係ない記憶が・・・。
どうも最近記憶の引き出しの誤作動が多く、検索かけても上手くヒットしません。

クライミング 備中 で検索。
ポチっと。
あー。もしかしたら一昨年の年末年始備中けいおんツアー以来かな?
怖いなー。
怖いなー。
でも楽しみだなー。

ところで腕がパンプするって・・・、どんな感覚だったかいな?



葛藤

眠たいのとお腹いっぱいで、昼間のストレッチは今日はお休み。
帰宅して、お風呂上がりにちゃんとします。

youtubeは我慢しよう・・・。
あーでも続き見たいしなー。



捉えた未来

先日、お風呂上げりにやっとこさルーチンワーク化されてきたストレッチを痛い、痛いとぶつぶつ言いながら半裸でやっておりました。
起立して、ヒザをちゃんと伸ばした状態で前かがみに腕を下に伸ばしていくと・・・。
んっ?
んんんんんんんんんんんー?

伸ばした両手の指先が微かにフローリングの床に触れているではありませんかー!
なんとー!
いやいや、待て待て。焦るな。何かの間違いかもしれん。再度・・・。
おう!
微かにふれるどころか、確実に明るい未来を床を捉えてているではないかー!

おっしゃあぁぁぁぁぁーあーあーあー!

祭りじゃー!

次は手の平ぺったんこ目指してストレッチ継続じゃー!

待ってろ未来!



われ硬水なり

某ブログにも記載されておりましたが、当ジムで販売している水が先日よりコントレックスになりました。
ぐびっ。
まずっ!
なんじゃこりゃー!!!
喉越し悪いし、硬いし、身体動かしてる時に飲む水じゃねー!

「まあまあ。ご主人。そうは言っても僕はこれでもなかなか若い女の子に人気があるんだよ」
「人気があるとな?」
「そうだよ。ダイエットにバツグンの効果があって、スリムな外見にピンクのキャップがオシャレに敏感なキョービの女の子のハートを掴んで放さないのさ♪」
「キョービという表現に多少、昭和臭を否めなくもないが、たしかにある筋には人気があるらしいね」
「そうだよ。中身も外見にもそれだけの説得力あるってことだよ。40才を過ぎて髪の毛は自分で無造作に切り、着てる服は安易にTシャツばかりで、足の臭いはもはや生物兵器。脳内は女の子の裸で埋め尽くされ、ハートを掴むことより〇〇を△△することばかり考えている南船場あたりの某クライミングジムの店長とは対極に位置しているんだから」
「わしやないかい!」

というわけでございまして、そんなコントレックスが今なら100円!
お買い得だよ♪
複数本購入も可!
200本近くも購入しちまったから、早くさばかないと・・・。



カノン君

定休日だからといいましても、なかなか身体が休めることができず、予定がテンコ盛り。
昨日はN村君と6月に企画しているイベントの下見に行ってまいりました。
U山さんに教えてもらった蕎麦屋によって、山のような天ざるを食らい、ちょいとばかり気持ち悪い状態で、目的地に到着し、キャンプ場の施設やらを確認してから、ボルダーエリアを散策。

その後偶然にも未開拓らしき岩を発見したので、せっかくだからとクライミングシューズを引っ張り出し、マットを広げて登攀開始。
だー。
もろいぞー!
怖いがなー!
情報もなく、岩が安定していないので、いつ剥がれるかわからない恐怖と闘い、1本だけ非常にオモチロイ課題ができました。
ラインも自然ですので、これは触ってほしい1本ですねー。
初登かどうか不明ですが、仮で「カノン君」という課題名にしておきませう。
1級くらいかな?

まだまだ課題はありそうですが、本日は時間切れ。
また次回にいたしませう。



かわいいのう♪

ぐびっと

閉店時間1時間を切ると、さすがにビジターさんが来られることもないので、ちょっとビルを抜け出して自販機にコーヒーを。
ぐび。

春の宵はなにやら心躍るどきどきに溢れてますなー。
最高の季節なり。
ぐび。



緩みの極み

レジ子スター

ヒグラシの近所、堺筋を渡ってすぐのところにKOHYOさんが先日オープンいたしました。
うっひょー!
これで閉店後に安くなった惣菜やらが買物できるべー!

というわけで本日さっそく閉店後に寄ってみましたところ、店内は人で溢れておりました。
うーん。
オフィス街とはいえ、都心にも住まいを構える方が増えてきてますね。
だったらなんでうちのジムは空いてるんだろ?
摩訶不思議。
俺の笑顔がわざとらしいのかな?

半額のシールが添付されるやいなや、クライミングで鍛えた三角筋をフル活用し、居並ぶライバルを出しぬいて、唐揚げを確保することに成功。
さらにオクラの胡麻和えもじゃー!
よしよし。
上出来だぞ。

レジを終え、ドアをふと見ると、そこには店の営業時間表示が。
平日8時から22時まで
んっ。
んんんんんー?
22時?

22時ぃぃぃぃぃぃいいいいいー!
うちの閉店時間より早く閉めんのかよー!
KOHYO使えねー!
なんだよー!惣菜買えねーじゃねーか!
毎日通ってレジの女の子と顔馴染みになって、あんなことやこんなことを目論んでたのにー!



握る

基本的に男性の裸登りは厳禁とするジェントルマンなジムではありますが、昨晩は人も少なく、女性もおられなかったので、閉店前に男だけど今日だけ解禁してやるよと裸登り可といたしました。
しかしながら、えー大人達が上半身裸できゃっきゃっしながら楽しんで登ってるのを客観的に眺めてみますと、うーん、やっぱり裸登り可は女性限定にしよう。

さて本日お客様が人から貰ったからと握力計を持ってきてくれました。
7、8年前に計った時はカブスの福留の打率くらい右と左の格差があったと思うのですが、どんなもんじゃろうかと思いっきり握ってみました。
右54 左50
あれっ?バランスええがな。
あの頃より年齢と顔のシワ以外何も変わってないと思っていたわたくしですが、明らかに左の握力がUPしてました。
おっほー。
やるじゃん俺。

というわけで、これからはピンチでごりごり課題ばっかり作って差し上げます。



新課題できてます

うっとうしい雨にも負けず今月のマンスリー課題を10本作成しました。
季節感を取り入れることで評判の我がジムとしましては、今回は雨にちなんで水色テープです。
青テープの在庫切れとは一切関係ありません。
その中で昨日作った6番なんですがキャンパで解決できてしまう雑な箇所があったので、一部ホールドを変更しました。
難しくなったわけではありませんが、昨日登った方も今一度触ってください。
すいません。

さて先日終了した2周年記念の件ですが、ただいま集計中です。
まあ集計って言いましても、何回確認しても目標クリアした方は鮒Ⅱくん一人だけなんですけどね。
とりあえず近々発表します。

あーそれにしてもやな雨。



to東北

「義捐金なんて言ってたけど、本当はホールド購入に充てられたらしいよ」
「集まったお金持って兎我野町あたりをジムでは絶対見せない笑顔でスキップしながらうろうろしてる店長を見た人がいるとか聞いたけど」
「背に腹は変えられないって、別れた奥さんに養育費として渡したんだってー」
「子供いるんだー」
「実は子だくさんなんだって」

根も葉もない噂があるようですが、ちゃんと赤十字に振込ました。



カブトムシ臭

数日前からクライミングシューズに使用している粉末状の消臭剤なんですが、わたくしの香ばしい足液と奇跡の化学反応をおこし、なんとも形容しがたい香りを発散させております。

どっかでこの臭い嗅いだ記憶が・・・。
あー。
思い出したー。
カブトムシの臭いじゃー。

さて昨日、友人が5ヶ月になる天使を連れてジムに顔を出してくれました。
ふむふむ。
なるほど。
かわいいもんじゃのう。

さらに閉店後はうちのお客さんの自宅に招かれて、1ヶ月の息子さんのお披露目会。
ふむふむ。
なるほど。
かわいいもんじゃのう。

今でこそかっちょいいを突き詰めれば店長になると巷で形容されるわたくしですが、40年前は先の幼子の如く、かわいいのイデアを体現していると称されたものです。

まあそんな素敵なわたくしのことは置いておいて、家族の形を目の当たりにしますと、こちらもほっこりしてまいります。
親バカでなにが悪いと開き直って、今後とも親子共々成長していただきたいものです。



なんか最後「おまえ何様?」だな。



from仙台

仙台からてんこ盛りの愛とともに笹かまぼこが届きました。
ボン。ありがとう。
負けんなよー。



デミデミデミ

ジムの近所にお気に入りの洋食屋がありまして、週2、3回はそちらで昼ご飯を呼ばれるんですが、この洋食屋、なにを注文してもデミグラスソースがかかっています。
ミンチカツ。
とんかつ。
チキンカツ。
ハンバーグ。
コロッケ。
結局なにを食べても、わたくしの貧相な舌では、全部同じ味にしか感じません。
デミじゃなかったのは唐揚げくらい。
唐揚げにデミだったら、さすがにオヤジに一言「無駄なこだわりはやめろ」とモノ申してやろうかと思っていましたが、さすがにさっくり揚げたてをそのままガブリと食べることができました。

そんななにを食べても同じ洋食屋でありますが、なぜ足繁く通うかと申しますと、ご飯の炊き方がヒジョーにわたくし好みのちょいこわい位の水加減で食がすすむんであります。
もともと炊きたてあつあつ、ふっくらご飯よりもちょいと冷めた位が大好きでありますので、全国の店長ファンの方は必要最低限の知識として、脳内の引き出しに仕舞っといてください。

さて今夜は「みずがめ座η流星群」であります。
出現数は少ないものの、月明りがなく、明日は土曜ですのでちょいと夜更かしして空を見上げてくださいまし。
もちろん店長の永遠の幸せという願いごとも忘れないようにしてください。



力なき者

倦怠感が漂う身体と退廃的に陥りかけの気持ちを鼓舞し、ひさしぶりに登ってみました。
一言で申しますと、ノーパワー。
南船場のスコット・ノートンと称された頃が懐かしゅうございます。

さらに登ってないので、ソッコー指皮が悲鳴を上げ、今まで筋肉によりなんとか維持していた部位が、筋肉の低下により、ちょっと負荷を掛けただけで痛いこと。
指、肘、手首。
だー。
終わってるー。
人として終わってるー。

それでも持ち合わせている地球3個分の愛の心の半分を消費して、なんとか最後のトライで、みんなでセッションしていた課題を登りきることができました。
「ふー。2段くらいかな」
「あー。3級くらいじゃないっすかー」

登れないと申しますか、自らの身体の動きがイメージとの乖離が激しいというのは、ひじょーに苦しいことでございます。
禍福はあざなえる縄の如し。
焦らず辛抱していれば、そのうちいいこともあるのではないかと、自分に言い聞かせ、今は耐え忍びとうございます。

そのうちいいこと?
なんだろ?
朝起きたら横に嫁が寝ていたとか。
疎遠だった孫がひさしぶりに遊びに来てくれたとか。
今朝は寝癖がつかなかったとか。

前向きに行きませう。



意外と収まりがいい

カレーにしよう

ゴールデンウイーク。
黄金というこれ以上ない形容詞で飾られているここ数日にもかかわらず、行き場も予定もない寂しく困った大人たち10人で岩場に行ってまいりました。

ただ岩場に行ってきたと申しましても、わたくしはほとんど登りませんでした。
なんともうしますか、先般より申し上げていますように、ここ10年で蓄積されてしまった全身のコリを除去しようと、連日ジム内の祭壇にてマヤの祈祷師により祈祷を受け、さらに処女の生贄を捧げておりまして、その甲斐あってか徐々にコリは消滅しているのですが、全身が半端ない倦怠感におそわれております。

というわけで昨日はみなさんが登るのをただただ傍観するのみでした。
その中で気になったのは、もっと他の人の登りを注視した方がええんちゃうかなーと。
家の前にたまねぎ、ニンジン、ジャガイモが転がっていれば、誰しもが今夜はこれらを使ってカレーにしようと思うのと一緒で、目の前に他人のムーブというヒントがあるのだから、これを活用しない手はありません。
自分ができない箇所、落ちた箇所での加重の方向、ヒザの角度、ホールディングの仕方等々の相違を発見できれば、完登する確率がより向上すると思います。
もちろん肝心の牛肉がないとカレーはカレーたり得ないでしょうから、それは自分で購入、すなわち自分でムーブ解明するよう努めてください。

あーでも、僕は家の前にたまねぎやらが転がっていても拾わないし、それを調理しようとは絶対思わないなー。
怪しいし恐いからねー。



ふりゆくものは 我が身なりけり

長期にわたる身体酷使による全身疲弊の治療により、最近ちょっとだけ身が軽くなったなあと実感していた矢先、指を痛めてしまいました。
にょーん。
痛いがなー!

今シーズンは休みまっせーと公言したものの、一縷の望みを心の奥底に隠し持っていただけに残念至極でございます。
でも本当は数週間前から違和感というか、兆候はあったんですよ。
あー。
辛い。
老いは辛い。
若い奴には負けたくねー。

とか言いながら明日は岩場に行ってきます。
ほとんどハイキングやろけど。



早く連休終わんねーかなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。