クマゼミには負けへんぞー

クライミングライフ中心の日記

05月« 2011年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さによる思考停止

雨マークがずらっと並んでいた週間天気予報が、軒並み晴れマークに変わり、大阪では連夜の熱帯夜。
さらに九州の一部では梅雨明け。

もう夏じゃねーの?
というわけで少々夏バテ気味でございます。
「5時頃には戻れるかな~」と、昨日はかわいこちゃんに店番をお願いして、心斎橋をうろちょろしたのですが、あまりの暑さのため4時頃に帰ジム。
節電が叫ばれている最中ではありますが、エアコンがないと少々きつうございます。

明日から7月となりますが、このような過酷な暑さが2ヶ月以上続くのかと想像を巡らしますと、体中の毛根からごぼごぼと濁った変な汁が溢れ出てきてしまいます。
ところがこの濁った変な汁が、実はガン細胞の働きを抑制する効果があるということで、理化学研究所よりサンプルの提出を求められ、今日は朝から溢れ出る汁を試験管に集める作業をしていました。

将来、変な汁で世界を救った偉人として評価を受け、園遊会にも招待され、天皇皇后両陛下に拝謁することも夢ではないかと思うと頑張って汁を出し続けようかと思います。



それにしてもロッテはサブローをトレードに出すとは・・・。
スポンサーサイト

そろそろ始動

腰やら首やら肩やら尿キレの調子が悪く、全ったく登ってないうちに、どこかに置き忘れたのではないかと思うほど筋肉がごっそり落ちて、胸や腕が自らの人間性並みにぺらぺらとなり、体重計に乗ってみると2kg以上減ってました。
にょーん!
枯れていく中年じゃねーかー!

まーそれでも幾分ましになってきたので、日曜月曜と連日ジムで登ってみると、案外身体のキレ自体は悪くないなーと感じる気持ちと、体力の低下ですぐに息切れ、指皮ソッコー消費、下半身の筋肉のヨレ等で全然あかんがなーと思う気持ちが、嫁姑の如く仲良く同居。
さらには壁の中に入っていく系のムーブは腰が怖くてできず。
あぼーん。
よわよわやがなー。

困りましたね~。
どうしましょ?
とりあえずストレッチは毎日続けているので、そろそろ筋トレも始めていこうかと思います。
明確なる目標を定めることで日々の過ごし方が決まってくる。
目標に近づくのも遠ざかるのも毎日の自己研鑽次第。

「きゃー、店長の腹筋素敵ー」
おいおい。触るなよ。くすぐったいじゃあないかあ。

目標はこんなところかな。



ジムジムジム

慶祝

おめでとう。
よかった。
よかった。



式の写真撮ってねー。

臨時休業でござる

今日も生きてます。

さてジム内にはすでに告知しているのですが、7月末に臨時休業させていただきます。
殿方に喜んでいただけるよう壁の裏に覗き部屋を設置し、踊子さんのショーも日3回公演とする予定・・・。

あー、間違えました。すいません。
クライミングでした。クライミング。
ランジェリー姿の女の子が壁を登る姿を愛でながら、お酒を飲むという紳士の社交場として生まれ変わる・・・。

あー、願望でした。すいません。
まあなんにしても下記期日は臨時休業ですので、ご容赦くださいまし。

臨時休業・・・7月25日(月)及び27日(水)

お客さーん。踊子さんには触らないでね~。



夏の日差しとホットコーヒー

あー生きてますよー。

生きてるだけですが。

久しぶりの更新ですが、とくになにか変化やらがあるわけもなく、変わったのは夏至になったとたんにホンマに夏になった季節くらい。

やー夏だね。

毎年こいつを待ち焦がれているような気がするなー。

でも週末からまた梅雨に逆戻りなんだとさ。



暑い時こそホットだー!

不撓不屈

ジムではすっかりおじーちゃん扱いされ、さらに最近のブログは痛々しいとありがたいご意見も頂いたりしております。
落ち込んでいても仕方がないので、昨晩は帰宅してからスポーツ感動動画を見て自らを勇気づけました。
打たれても打たれても立ち上がる不屈の魂。ズタボロになりながら闘うその姿に涙がとまりませんでした。
ヨシヒコありがとう。

まあそのせいでもないのですが若干腰は和らいでまいりました。
ただ来週のリードはまだまだ厳しいでしょうから、無理せず魂のエアビレイをしてこようと思います。



ヘルニアンと欠ける月

「腰痛の子、いねーがー」
きゃー。妖怪ヘルニアンよー。

相も変わらず腰が大変痛うございます。
立っても、座っても、横になっても。
晴れの日も、雨の日も、風の日も。

つらいです。
凹みます。
自暴自棄です。
身も心もずたぼろで、さらに加齢臭も交わって得も言われぬ腐臭を撒き散らしております。

「なんか臭うわね?あら?あんなところに汚れたボロ雑巾が」
あれは店長です。

しかしながら明日木曜日は皆既月食があります。
未明に欠けた月が没していくらしいので、なかなか見応えがあるかと思います故、今のやさぐれた気持ちにちょいとばかり光が差し込むのではないでせうか。

時間と身体に余裕のある方は、是非とも見てくださいまし。
あー天気が・・・。



来世の予定

「3号線に腰痛の店長が到着します~。黄色い線まで下がってお待ちください~」
うぉぉぉぉおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉー!
おー。
おー。
痛いんじゃー!
プッ。シュー。

昨晩突如発生したギックリ腰に、あーもうこの身体はダメだなと見切りをつけて、来世にイチからフレッシュな身体からやり直そうと思い、急遽神様を呼び出してみました。

おー。深夜にすまんのー。これこれこういう事情だから来世から真面目にやるんで、生まれ変わる段取りを付けてほしいんじゃー。
「なるほど、なるほど。ただ手元の資料によりますと来世はダイオウグソクムシに生まれ変わる予定になってるんですが・・・」
ダイオウ・・・グソク・・・ム・・・シ・・・?
「深海に住むでっかいダンゴムシだよ」
にょーん!

というわけで生まれ変わりの望みも断たれたので、もう少しこの身体に付き合ってやらなければいけないようです。
くっそー!
痛くない身体が欲しい~。



※グロいからダイオウグソクムシの検索は控えること

終わりの始まり

数週間前からの肩甲骨あたりの痛みが、どういうわけか周辺にも伝搬して、なにやら首が寝違いのように痛い。
「あーまいどー。いらっしゃいませー」って言う時も首が痛いから、ちょっと前かがみで上目遣い。
かわいさを過度にアピールするイヤな女性みたいで、すいません。

それでも若干マシになってきたので、しめしめと内心思っていたら、帰宅してソファから立ち上がったら・・・。
ぐき。

あう。
今度は腰をいわしてしまいました。
う、動けない。。。

えらいこっちゃー!
身体ぼろぼろやがなー!
くっそー。
むかつくー!
不貞寝じゃー。



もう普通に寝る時間やけど。



まずは垂壁から

やっとこさ梅雨らしくなってきました。
やはり梅雨はこうじめじめぬとぬとしないといけません。
でも嫌いです。

さて先般、7月末に壁の形状を変更云々のお知らせをいたしましたが、それに先行して6月末もしくは7月頭に垂壁のホールド入れ替えを実施いたします。
それに伴いまして、当然ながら現在ある垂壁課題は消滅しますので、登ってへんがなーという方は可及的速やかに登ってしまってくださいまし。

あーまた休みがなくなるがなー。



ラテ♪ ラテラテ♪

似て異なる

不人気すぎて全然売れないので、一日2本のノルマを自らに課し、がんばってコントレックスを処分飲んでます。
よっしゃー!
残り100本じゃー!

7月に壁を改装する予定なのですが、それに合わせてナケナシノのお金を泣く泣くはたいてホールドを購入しなければいけないので、先日からネットでいろいろと検索しています。
おっ。魅力的な〇〇なサイト発見♪ぽちっ
おーいかんいかん。
誘惑を振り切り、どれがいいかな?これがいいな、なんて物色してまして、気に入ったのがあったので某有名大手ジムに連絡して関係書類をメールにて送ってもらうことにしました。

ピロロ~♪
おーメール来たべー。

クライミングジム カワセミ 小島様

ん。

カワ・・セ・・・・ミ・・・。

こらー!

こらこらこらー!

こーらー!

間違ってはいけない間違いちゃうんかいー!
簡単に謝罪と賠償を要求するぞー!

しょうがないので物はこちらで、請求書だけはあちらということで丸く収めようかと思います。



飲め飲めー

6月コンペリザルト

6月マンスリー課題コンペリザルト

1.イッチー 39P
2.Gアニキ 34P
2.Uすけ  34P
2.Kイチロー34P
5.清P-  33P
5.U西   33P

昨日コンペ終了後に口頭にてお伝えした集計に誤りがありましたので、修正して発表させていただきました。
申し訳ありません。
全体の結果はジム内にて確認してくださいませ。
腰痛なにするものぞと課題を作ってくださったスハラさん。ありがとうございました。

なかなか盛り上がっておもしろうございましたねー。
またやりたいですねー。
それにしても先週の火曜日はスハラジムで、昨日はヒグラシでコンペと、このままでは3週間休みがありません。
今日も朝から税務署にちょっと確認及び相談。
まけてくれー。
「ダメっす」

あー1ヶ月ほど休んで南の島でバカンスしてー。



一服じゃー

アースノイド

ぼてーん。
さらにぼてーん。
もひとつぼてーん。

にょーん!
ひどいー!ひどすぎるー!
このところ本当に登れません。
シャアに言わせれば地球の重力に魂を引かれたダメなアースノイドです。
ぐいんぐいん引かれています。
このままでは粛清という名のもとにアクシズを地球に落とされてしまいます。

特にリーチ的に問題ない課題でも、無駄に足がぷりんぷりん切れてしまって、あら大変。
で、今日140°壁で登っててわかったんですが、手首がもげそうに痛いとか、指の感覚がもうないとか、頭部の一部に若干毛髪の薄い個所があるとか、数多くある要因の中で最たるものは・・・

腰だな。

反り返ると痛いので若干前かがみになっていて、登ってる際も壁の中に反り返るムーブが怖くて無意識に壁の中に入って行かないようにしているのでないかな。
身体が外にあるので無駄に距離が必要になるし、届いても保持する前に足が切れるんだろーなー。
ふむふむ。
解決解決。
さすが南船場のホームズくん。
と、現状を把握できたとして、これからどうしたらいいんかい?

それこそ毛髪が寂しくなった頭に、これといった対処方法が皆無なのと同じなんだろうか?
腰痛を受け入れて耐え忍ぶ。
いやだー!
腰痛いのいやだー!
毛髪はいざとなったらルーニーのように植毛するとして、誰か腰痛の対処法教えてくれー!



原点を見つめ直す

先般もちょこっと書き記しましたが、今月はリードの予定が入っております。
久方ぶりのリードですので、事前にロープやハーネス等のチェックをしておりまして、そうそうエイトノットも確認しとくかなと・・・。
あれっ?
たしか・・・こうやって・・・あれっ?
だー!
かくなるうえは団子結びで臨機応変じゃー!
※絶対ダメです。マネしないように。

クライミングを始めた今から10年ほど前。
わたくしがまだアナハイム・エレクトロニクス社でMSの営業をやっていた頃。
「百式いかがっすか~」
「金色はちょっと・・・」

OCSで登ったいたので、ボルダーをする方はごく少数、当然のようにリードに傾倒し、週末はこれまた当然のように仕事をほったらかして、備中やらに蜜を求める蜂のようにホイホイと出かける生活を5、6年ばかり続けておりました。
当時からしますとボルダラー人口は大幅に増えたようですが、リード人口はそれほど増加していないようです。
ボルダーのお手軽感に較べると、煩瑣感を否めないリードですから、敬遠されることも致し方ないとは思いますが、興味はある!という方は意外と多いのではないかと思われ、今回もそのような意気込みがある方と一緒に行く予定です。

今でこそボルダージムの黒マッチョ店長として一定の評価をいただいておりますが、遡れば西日本で2番目にハーネス姿がセクシーとSAVVYで特集を組まれたわたくしとしては、リードの楽しみを多くの方に知ってもらうべく啓蒙活動を続け、時間の許す限り誘わなければならないと切に感じる今日この頃でございます。

というわけで、みなさん臆することなくリードにも参りませう。
オモチロイよ♪



末期

ちょいとブログの更新をさぼっている間、梅雨の中休みだったり、日本憲政史上最低の前総理と最悪の現総理の茶番劇があったりでございますが、わたくしは相変わらず体長悪しでございます。

なんだろなー。
なんか身体がだるいんだよなー。
身体の中の部位がまるで、咬み合ってないというか、それぞれ個々が勝手に機能を果たそうとして、接合部に支障がでてきているような・・・。
それこそ今の民〇党状態ですねー。
末期ですよ。
末期ー。

41で末期。
あー意外と短いもんだなー。
末期の水はコントレックスで決まりだな。



祭りIN西ノ宮

阪神間の女子大生が連日大挙して押し寄せるという噂の某ジムでコンペが開催されるということで、お手伝いに行ってまいりました。
課題が20本必要ということですので、本気トライの際は全裸にハーネスで登るという習慣を持つオーナーのS原氏と10本づつ作ることにして、ここに罠を仕掛けてやるとか、このホールドで落ちるな、うひひひひひ♪なんて言いながら半分の10本を作り終えました。

「ちょっと休憩しましょうか。あっ」ぐきっ

S原氏腰痛発生。本日終了。
うっそーん!
残り10本俺が全部作んのー!
えらいこっちゃー!
結局その後S原氏が目視で課題を作り、わたくしがムーブを確認。
しんどいってー!

なんとか間に合って始まったコンペは大いに盛り上がりました。
思ってたところで落ちる人。
思うわぬところで落ちる人。
さくさくっと登る人。
どっかんどっかん落ちる人。
力でねじ伏せる人。
ねじ伏せられて意気消沈する人。
おもしろかったです。

S原氏をはじめ、西宮の方々お世話になりました。
ありがとうございました。

あれっ?
そういえば女子大生どころか、一度も女性を見てないような・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。