クマゼミには負けへんぞー

クライミングライフ中心の日記

11月« 2013年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ。生きてます

更新をさぼりにさぼり、もはや巷では「あれ?あいつ生きてたっけ?ていうか香典払ろた気もする」などと生死さえ不確かなヒグラシ店長であります。
この1年間、腰と指を痛め、もうやめてやるー自暴自棄となるものの、最後に残ったナノレベルの小さなクライマーの矜持により、なんとか踏みとどまりクライミングを続け、気が付けば良き伴侶なんぞに恵まれ、銀河系レベルの大きな幸せに包まれた日々を送っております。
さてその嫁がどうやらわたくしを太らそうと企てておることが判明。
若き日のわたくしであれば、いかに食したところで、それ以上に肉体を酷使し、カロリーを消費することなぞ容易いことであったのですが、腰の痛みは如何ともしがたく、走ることどころかストレッチすらままならぬ状態であります。
そんなちょっぴりおデブちゃんな店長は、この秋はリードメインで岩に行っておりますが、落ちた時の衝撃やら、ぶら下がっている体勢は腰への負担が尋常でなく、岩場の次の日からは痛い、痛いと腰をかがめ、ヒザを抱え、内へ内へ、小さく小さく・・・まあ、それはそれで丸丸として愛らしくもないのですが、愛らしいと感じるのは万人共通の思いでもないようです。
しかしムーブはボルよりも数段リードの方が身体に与える負荷は少なく、まだまだこの年齢であっても自分を高めていけると思いますので、腰の具合を見ながら今シーズンがリード偏重でやります。
もちろんボルも諦めてるわけではありません。
絞り切った雑巾をもう一度絞る。
ゴムがだるだるになったパンツももう1回履いてみる。
そんな往生際の悪さを誰も求めてなくとも発揮して、もう少し腰が改善して参った暁には、ボルにも全身全霊で取り組もうかと考えとります。
というわけで久々の更新でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。