FC2ブログ

クマゼミには負けへんぞー

クライミングライフ中心の日記

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月

来るべき世界

すいーんと紙を吸い込んでいく様子を、あーFAXが届いたんだなーと見るともなしに視界の片隅にとらえていると、かたかたと音を立て、それからすぐにががががっと明らかに中で紙が詰まりますよという状態になりかけたので、慌ててこれ以上の吸引まかりならんと半分だけ残っているA4用紙をわしゃっと掴んだものの、敵もさる者でダイソン並みの吸引力を無駄に発揮し、引き抜くことができない。
少しでも手を緩めようなら、中で詰まり出しそうにも拘わらず、チャンス到来と強欲なまでに吸い込もうとする。

にょーん!
待たんかいー!
諦めろ、機械!と格闘してる間についに紙が詰まり、吸引しない引っこ抜けない状態でフリーズ。
機械をぱかっと開けてわしゃわしゃになってしまった紙を回収。
なにが書かれているのかよくわからない。
蓋を閉めて再起動すると、詰まり癖がついたのか、その後同じ症状を発症し、その都度上記のような紙の綱引きを着信したFAXの枚数だけ繰り返す。
合計6枚。

昼御飯を終えて、開店までの30分ほどは一日で一番ほっこりする至福の時間。
缶コーヒーをちびちびしながら、吹き抜けから差し込む陽光と開放された窓から滑りこむ優しい春の風に心躍らせ、掴みかけた未来と手放した過去に思いを馳せる。

そんな大切にしている貴重な時間を機械との紙綱引きで終えてしまった。
映画や小説などで描かれる近未来に起こり得るであろう人間VS機械。
我々が想像する以上にそんな悪夢のような未来はすぐそこまで来ているのではないだろうかと、インクで黒くなった手をじっと見つめ続けました。



ぼすっ
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう